管理人:茜(アカネ)
クラッセのウィッグを使用しいろいろなアレンジ方法をご紹介していきます。 ブログへのご意見、実験のリクエストなどをお待ちしております。
message@classewig.com

◆ぼさぼさウィッグをサラッと大変身!(初級★)◆


 
 
 
 656
 
 
 皆さまこんにちは。
 クラッセスタイリング担当の碧(あおい)です。
 
 皆さまはロングウィッグに苦戦した事って
 ありませんか?
 
 何を加工するわけでもないのに
 絡まって絡まって仕方ない!
 
 絡まりをほどこうとして更に絡まる悪循環!
 
 今日はそんな困ったを防ぐ
 ロングウィッグのお手入れ方法を
 ご紹介します!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 サラサラのロングヘアー。
 乙女にはとても大切なことですよね。
 
 それがいつの間にかぼっさぼさ!
 
 こんな事って、ウィッグを使っているとしょっちゅうですよね。
 
 ロングのウィッグはショートに比べて絡みやすいので
 長く使うためにもお手入れは必須です!
 
 今回は
 *ブラッシング&絡まった場合の対処法
 についてご説明いたします。
 
 
 
 ブラッシングの際は少しずつ髪を小分けにし
 毛先の方から梳いて頂く必要があります。
 
 PID8197_02
 
 
 小分けにするのは大体、サイドとバックを2つ。
 計4つを最低限として分けていきましょう。
 
 IMG_7776
 
 小分けにできましたら毛先からといていきます。
 
 今回は説明のため、手に持って毛先からといていますが
 マネキンにかぶせたり、ウィッグを被った状態でといて頂いて大丈夫です。
 
 IMG_778
 
 この時、根元から一気に梳いたり、
 一度にたくさんの髪をブラッシングしてしまうと
 絡んだ部分が固まり、結び目のような状態の
 団子状になりますのでご注意くださいませ。
 
 IMG_7790
 
 
 
  ブラッシングは毛先から!が鉄則です!
 
 
 
 続いて、絡まったウィッグへの対処法です。
 
 例えば、こーんな状態になったウィッグ。
 
 IMG_7820
 
 はい、見事に絡まっております(´・ω・`)
 
 
 でも、こんな状態から復活させることができるんです。
 
 綺麗に元通りにしていきましょう!
 
 まず絡んでしまった部分に注目します。
 
 絡みをとく方法は、ロングウィッグ同様に
 毛先からといていきましょう。
 
 IMG_7802
 
 特に、毛先の方の絡みの酷い部分から
 少しずつ解していく事
をオススメします。
 
 頑固なウィッグの絡みには
 クシのテール(クシの持ち手部分のとがった処)、
 またはクシの1本目の部分を使って、
  毛先の方から少しずつ結び目の固い部分を解していきます。
 
 IMG_7823
 
 なかなか解けなくても引っ張らないことが大事です!
 
 IMG_7815
 
 クシのテールを使うと絡みがゆるくなりますので
 緩んだら、ブラシで毛先の方からといていきましょう。
 
 それでもほどくことが難しい場合には
 絡まった部分に、普段使用されているトリートメントを
 原液の状態で絡み目に揉みこんで、再度挑戦してください。
 
 IMG_7845645454
 
 綺麗にほどけました!が!!!
 
 IMG_7849
 
 
 サラサラロングじゃなぁぁぁあい!(ノω<。)      そんな時は!
 
 ストレートアイロンで押さえてあげましょう。
 
 IMG_7852
 
 軽く霧吹き等で湿らせても大丈夫ですが
 その場合、アイロンの熱で水分が蒸発しますので
 火傷は十分にお気を付け下さいね。
 
 IMG_7859
 
 こんなにきれいになりました!
 
 それでも絡みが取れない場合は強行突破策!
 
 絡まったとこを切っちゃいます!
 
 絡み目に、梳きハサミでチョキンとしたあとに
 クシでゆっくり梳くと解ける場合もあります。
 
 IMG_78655454
 
 ですが、問題点として表面に短い髪が出てしまい
 若干不格好になってしまうことがあります。
 
 その場合は、短い髪が出てしまった周辺に
 軽く梳きハサミを入れてなじませるとよくなります。
 
 どうしても仕方が無くなった時にのみ!
 皆さま強行突破してください(=`ェ´=;A)
 
 
 今回ご紹介した方法で、
 
 この状態から
 
 IMG_7820
 
 ここまで復活いたしました!
 
 IMG_7843
 
 でも・・・
 
 絡まり対策をしても絡んでしまうのがロングウィッグの悲しい性!
 
 ご使用の前に、
 
  ・柔軟剤でやさしく揉み洗い
 ・トリートメント(原液)を全体に塗る
 ・クラッセ特製!シリコンスプレーを使う

 
 など、様々な対策があります。
 一度お試しください。
 
 
 
 皆さまいかがでしたか?
 
 お手入れもウィッグを長く綺麗に使うためには欠かせませんね。
 
 また、ロングやショート、PROやSARA。
 ウィッグの特性を理解するとより扱いやすくなります。
 
 繊維などの詳しい違いはこちらからご確認下さい。
 
 
 ウィッグのスタイルや加工等に悩まれた場合は
 クラッセスタッフまでお気軽にお問い合わせください!
 メール:message@classewig.com
 
 
それでは、またお会いしましょうヾ(*’〇’*)
 
 
 
コスプレ総合専門店クラッセ トップへ

 



Comments are closed.