◆簡単!ウィッグのハネさせ方◆



初心者レイヤーさん、男装レイヤーさんは特にご注目!

今回はウィッグ製作の『基本のキ』、ウィッグのハネさせ方について説明いたします。

・あんさんぶるスターズ!/明星スバル風

「メーカーによって、うまくいったりいかなかったり」

「仕上がりにムラがある」

「そもそもうまくクセがつかない」


たった2つのポイントさえおさえれば、こんなお悩みも即・解・決!

わかりやすい動画もありますので、ぜひ最後までご覧ください。



用意するもの…


1.ウィッグ

2.コテやアイロン(ご自身が使いやすい方でOK!)

3.熱に強い手袋など(必須ではありませんが、あると便利)

4.ワックス(ハードタイプがオススメ)

5.ヘアスプレー(スーパーガチスプレー SGSがオススメ)


では、さっそく始めましょう♪




まずはハネさせたい部分の毛を取り、コテやアイロンで熱を加えていくんですが…

…そういえば、設定温度って何度にしたっけ?

というわけで!ここで1つ目のポイントです。

ウィッグへのクセづけで重要なのは、実はコテ・アイロンの設定温度なんです!

怖がって低温で作業すると、繊維に熱が伝わらずなかなかクセがつかなかったり…

かといって高温で作業すると、最悪チリチリになって取り返しのつかないことに…


●ポイント1

『コテ・アイロンの設定温度はウィッグの耐熱温度-10℃』

それだけのことと侮るなかれ!

ぜひ、覚えてくださいね♪

もちろんこの段階ではハネの形はできていなくて大丈夫!
クセづけたい部分の毛に、まんべんなく熱が伝わっていればそれでOKです。

次はいよいよ実際にハネを作っていきます。

繊維が熱いうちに、作りたい形になるよう毛先を持ち、冷まします。

(写真は素手ですが、ここで手袋をしておくと「アチチ!」とならずに済みますよ)

冷まします…

冷まします…

冷まします…

ここで2つ目のポイントです…

繊維が完全に冷めてから手を離すと…

しっかりしたハネができました!


そう、熱を加えた後は、とにかくしっかり冷ましきる!

ウィッグにクセがつくのは、温めた繊維が冷えるときなんです。


●ポイント2

『加えた熱はしっかり冷ましきる!』


★ここまでの作業を動画でおさらい★



ハネは、その都度ワックスとヘアスプレーで形をキープしましょう。

(このとき、根元を少し引き出すようにすると立体感が出ます)

再現したいハネが全て完成したら、全体にヘアスプレーを吹きかけて仕上げます。



ここからは上記の方法でハネを作った、キャラクター向けのウィッグをご紹介!

・左:Fateシリーズ/アーサー・ペンドラゴン風

・右:あんさんぶるスターズ!/大神晃牙風


・左:刀剣乱舞/大和守安定風

・右:テニスの王子様シリーズ/跡部景吾風



ハネがしっかりキマッていると、立体感や奥行きのある、ワンランク上のウィッグになりますね♪


今さら聞けない『基本のキ』な情報、これからもどんどん発信してまいります!



「私が作りたいのは、もっと重力に逆らった異次元のハネなんだけど!?」

という方はこちらもチェック!



その他!ご使用ウィッグのスタイルやカラー、加工等に悩まれた場合は

クラッセスタッフまでお気軽にお問い合わせください!

メール:message@classewig.com

コスプレ豆知識からお買い得情報までSNSで発信中!
twitter クラッセ+(プラス)をフォローしてね
クラッセ公式Youtubeチャンネルを登録してね
 
twitter クラッセ公式をフォローしてね
クラッセ公式LINE@のお友達になってね