◆分け目のある立ち上げ前髪アレンジテクニック◆


かき上げ風の前髪や、分け目のある立ち上がった前髪……。

忠実に再現したい反面、自然で違和感のない仕上がりにしたいですよね!

そこで、「生え際パーツ」「分け目パーツ」を使った自然な、分け目のある立ち上げ前髪アレンジをご紹介します。

今回はこんな疑問にお答えします!

Q. 

・ 立ち上げ前髪の生え際が不自然になってしまいます

・ワンレンウィッグのように分け目がほしい

・まるで地毛のような自然なかき上げ前髪にしたい!


A. 

「生え際パーツ」と「分け目パーツ」を組み合わせれば、自然な分け目のある立ち上げ前髪が作れます。


クオリティの高いウィッグに挑戦してみましょう。

ちなみに、今回ご紹介する方法は、どんなキャラクターにも応用可能。

無限の可能性があるテクニックですよ♪




■用意するもの

  1. ウィッグ
  2. 生え際パーツ
  3. 分け目パーツ
  4. ハサミ
  5. ボンド
  6. ドライヤー
  7. 毛抜き用ピンセット


今回使用したウィッグはコチラ……

PRO生え際パーツ

https://classewig.com/wig/index.php?main_page=EX006_20


PRO分け目パーツ

https://classewig.com/wig/index.php?main_page=EX007



■大まかな手順

クラッセよりお知らせ


  1. ウィッグの分け目部分の毛をカット
  2. ウィッグに切れ込みを入れる
  3. 分け目パーツの長さをカットし、ウィッグに接着
  4. ウィッグの額部分のベースをカット
  5. 生え際パーツのレース部分に切れ込みを入れる
  6. 生え際パーツを接着する
  7. 完成!



では、さっそく始めましょう♪



手順詳細


1.分け目を作りたい位置を決めます。



2.「手順1」で決めた箇所の毛を、分け目パーツの幅に合わせて分け取ります。



3.分け取った毛を、根本からカットします。


え!?切っちゃうの!?と思うかもしれませんが、分け目パーツで隠れるので、ざっくりテキトーでOK!



不安な方は、下記の分け目パーツの付け方動画をチェック!

※動画には今回ご紹介する方法と異なる箇所がございます。



4.ウィッグのベースに約3cmの切れ込みを入れます。

額の生え際から数えて、4列目と5列目の間をカットします。



5.分け目パーツをウィッグに合わせてカットします。

分け目を作りたい長さに合わせて、分け目パーツをカットしてください。

今回はつむじ前から生え際から3列目の毛束までの長さに合わせています。



6.分け目パーツの端の毛を、根本からカットします。


端から約5mmが目安です。



7.「手順4」で切り込みを入れた箇所に、分け目パーツの端を差し込みます。


「手順6」で毛を切った分け目パーツの先を、ウィッグのベースに差し込みます。



8.分け目パーツをボンドなどの接着剤で貼り付けます。


差し込んだ部分も忘れずにボンドで貼り付けてくださいね。



9.ウィッグの額にあたる部分をウィッグのベースごと切り取ります。


ウィッグのベースを切っちゃって大丈夫!?と思うかもしれませんが、信じてください☆

切り取りサイズは約10cm×2.5cmです。



10.生え際パーツの余っているレース部分に数か所切れ込みを入れます。


このひと手間で、自然に仕上がりやすくなるのでお忘れなく!



11.生え際パーツでウィッグの額部分を挟み込み、貼り付けます。


「手順8」で切り取ったウィッグのベース部分を、生え際パーツで挟みこみ、ボンドで接着します。

ウィッグを被ったとき、

額 ― 生え際パーツ(レース) ― ウィッグの額部分 ― 生え際パーツ(毛)となります。



12.分け目パーツを分け、ドライヤーで熱して固定します。

※接着剤が完全に乾いてから行ってください。

 

13.生え際パーツの生え際がジグザグになるように、毛抜き用ピンセットで抜きます。


この作業を行うと生え際がとても自然に見えるので、もう一手間頑張りましょう!



詳しくはこちらのツイッター記事をチェック↓



14.完成!


分け目パーツと生え際パーツを活用すれば、とっても自然なウィッグアレンジが可能に!


ウィッグに妥協したくない方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪







その他!ご使用ウィッグのスタイルやカラー、加工等に悩まれた場合は

クラッセスタッフまでお気軽にお問い合わせください!

メール:message@classewig.com


コスプレ豆知識からお買い得情報までSNSで発信中!
twitter クラッセ+(プラス)をフォローしてね
クラッセ公式Youtubeチャンネルを登録してね
 
twitter クラッセ公式をフォローしてね
クラッセ公式LINE@のお友達になってね