◆ロングウィッグでポニーテールの結い方◆

どんな作品にも髪を結いあげているポニーテールキャラっていますよね!

例えば、

・刀剣乱舞

 にっかり青江

 太郎太刀


・Fgo

 巴御前

 佐々木小次郎


・痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います

 サリー


・推しが武道館いってくれたら死ぬ

 えり


・あんさんぶるスターズ!

 神崎颯馬

などなど……


けれど、結い上げに苦手意識を持っている方はとても多く、たくさんのお悩みを聞きます。


Q.

  • 表面がボサボサ、ぐちゃぐちゃになってしまう
  • ネットが透けて見えてしまう
  • 結い上げた部分がだれてきてしまう
  • なんちゃってポニーテールは嫌
  • バンスの取り付けた感はイメージと違う


これらの悩みを、解決できませんか?


A.

ぜーんぶ解決できます!


一つ一つの作業自体は単純で簡単♪

けれど、本格的な結い上げウィッグの作り方をご紹介します。

結い上げは諦めてきた……という方、今日から美しい後ろ姿を手に入れましょう♪




■用意するもの

  1. ウィッグ
  2. コ―ム
  3. 逆毛用コ―ム・歯ブラシ(あると便利!)
  4. 紐ゴム
  5. ダッカール
  6. ヘアスプレー



今回使用したウィッグはコチラ……

ストレート80cm – パープル11

https://classewig.com/wig/index.php?main_page=product_info&products_id=8126



■大まかな手順

  1. マチ針でウィッグをマネキンにしっかり固定
  2. 髪を5つにブロッキング
  3. ブロッキングした箇所を順番に結い上げていく
  4. 表面を整える
  5. 完成!


では、さっそく始めましょう♪



■手順詳細


1.ウィッグをマネキンにしっかりと固定します。

  画像のように●部分にマチ針を刺します。

  見えていない反対側も同じように固定しましょう。


※ご注意

 このとき、ウィッグの襟足はなるべく下の方に止めましょう!

 マネキンに合わせると、かぶったとき小さくなってしまったり、地毛が見えてしまったりすることがあります。

 小さくなってしまったウィッグを引っ張ってかぶろうとすると、崩れの原因に!



2.結い上げやすいようにマネキンの高さを調整します。

  胸元につむじ位置がくるようにすると、作業しやすいですよ♪



3.コ―ムを使って、ウィッグを5つにブロッキングしていきます。

  まずは、前と後ろに分けます。

  前のブロッキングは画像のように、つむじから後ろに向かって取り分けます。

  右サイド、左サイド同じ毛量になるようにしましょう。



4.続いて、後ろ(1)(2)(3)を3つに分けていきます。

  (1)はつむじから、こめかみの高さ。

  (2)は(1)の終わりから、耳の付け根あたりの高さ。

  残りが(3)です。

※(4)は前左サイド、(5)は前右サイドのことです。



5.
(1)(2)(3) のブロッキングは、根元から15cmほどあけてゆるい三つ編みにしておくと、毛先の絡みを防止できます♪



6.では、結い上げていきましょう。

  まず、ブロッキング1.を最終的に結い上げたい位置で結びます。

  (1)を結い上げた位置が基準となりますので、しっかりと理想の位置になるように。


「いつも結び目がだれちゃう」という人は、ゴムをひっぱりながら結ぶことを意識して!


今回はシリコン製のからみにくいゴムより、紐ゴムの方がオススメ。


紐ゴムの使い方はコチラの画像をチェック!



7.ブロッキング(2)の毛を、左右と真ん中の3つに分けます。

左右の毛量は、指2から3本分の幅で十分ですよ。



8.透け防止のために、先ほど分け取った左右の毛の根元から逆毛を立てます。

ここは最終的にブロッキング(4)(5)で隠すので、表面からガシガシ逆毛を立ててしまってもOK!

逆毛を立てるのが苦手な人は、逆毛用のコ―ムや歯ブラシを使ってみて!



9.ブロッキング(2)とブロッキング(1)の毛を一緒に結い上げます。

表面が多少ボサボサでも気にしない♪



10.透け防止のため、ブロッキング(3)の襟足部分も逆毛を立てます。

★ Point1★ 髪を上に持ち上げながら逆毛を立てると、髪の流れが上向きになり、結いあげが楽♪

★ Point2★ 逆毛を立てる場所は、髪を上に結い上げたとき内側になる部分(特に根元)。

髪を持ち上げながら逆毛を立てるのが難しい……という場合は、ヘアアイロンなどで髪の流れを上向きに変えてから、作業をしてもOK。


逆毛の立て方はコチラの動画でも解説していますよ♪



11.逆毛を立てたブロッキング(3)と、(1)(2)の毛を一緒に結い上げます。


髪の結い上げ方は、コチラの動画でも解説しています。

ぜひ、参考にしてください。



12.左サイドのブロッキング(4)を縦半分に分け取ります。

  以降、前側を(4)B、後ろ側を(4)Aとします。

右サイドのブロッキング(5)も同じく、縦半分に分け取り、前側を (5)B、後ろ側を(5)Aとします。



13.透け防止のため、ブロッキング(4)Aの○の部分(特に根元)に、内側から逆毛を立てます。

  ブロッキング(5)Aも同じく逆毛を立てます。



14.少し根元をたゆませるようにして、ブロッキング(4)Aの毛束と、ブロッキング(5)Aの毛束を1.の箇所で結いあげます。

毛をまっすぐ引っ張り結いあげようとすると、ウィッグを被ったとき地毛が見えてしまうので注意!



15.ブロッキング(4)Bブロッキング(5)Bの毛束を使って表面が綺麗に見えるように整えます。

  これらの毛束で、逆毛を立てた箇所を隠すように、(1)の位置で結い上げます。

  ちなみに、サイドに残す毛束はあらかじめ、分け取っておきましょう!

最後にスプレーで固めれば完成です!



苦手な方も多いポニーテールの結い上げですが、少しずつ結い上げていくことで、実は簡単に、綺麗にできるのです。


この方法を使って、理想のポニーテールを手に入れましょう!



その他!ご使用ウィッグのスタイルやカラー、加工等に悩まれた場合は

クラッセスタッフまでお気軽にお問い合わせください!

メール:message@classewig.com

コスプレ豆知識からお買い得情報までSNSで発信中!
twitter クラッセ+(プラス)をフォローしてね
クラッセ公式Youtubeチャンネルを登録してね
 
twitter クラッセ公式をフォローしてね
クラッセ公式LINE@のお友達になってね